示談交渉は全部お任せ


交通事故というのは突然に起こるもので、多くの人はまさか自分が人身事故の被害者になるとは思わずに日常生活を送っています。そのため、実際に被害に遭ったときに備えて、示談交渉に関する専門的な知識や交渉術を十分に学んでいる人は少ないでしょう。そのような中で人身事故の被害者となり、相手方の保険会社にいいくるめられて不利な条件で示談に応じてしまうというのはよくある話です。事故に遭ってから示談交渉に関して勉強しようと思っても、時間は足りませんし、何よりケガをしているような場合には心身ともにそのような余裕はないでしょう。

弁護士その点、弁護士に相談し、正式に依頼をすれば、相手方の保険会社との交渉はすべて弁護士が行なってくれます。被害者自身は何も学ばなくても、専門的な知識と交渉術で保険会社と対等かそれ以上にわたり合ってくれます。依頼人は自分のケガの治療や仕事、家庭のことなど、自分が本来すべきことに集中することができ、示談交渉のことで疲れきってしまうような負担がかかることがありません。

また、保険会社との交渉だけでなく、人身事故の被害に遭った場合には後遺症害の認定に関する書類の作成や提出も必要になります。弁護士はこの書類の用意も代行してくれるため、この点でも被害者の負担が軽くなるといえるでしょう。