補償金増額が見込める


弁護士基準交通事故の示談について交渉をする際、被害者が法律事務所の弁護士に依頼した場合には、補償金の額がアップできる見込みがあります。というのも、補償金を算出するための基準が、法律事務所と保険会社とでは異なるためです。保険会社による補償金の算出基準のことは任意保険基準といい、法律事務所が算出する補償金の基準のことは弁護士基準といいます。

この2種類の補償金の算出基準のうち、任意保険基準というのは被害者の立場に寄り添ったものではありません。そもそも加害者側が加入している保険会社を相手に示談交渉をするわけですし、高額な補償金を被害者に支払うということは、自社の損失が大きくなることを意味します。そのため、なるべく安く示談交渉を成立させるために計算された金額であると思っておいたほうがよいでしょう。

これに対し弁護士基準というのは、被害者が受けるに値する、適正な補償金額が算出されます。過去の判例をベースに定められている補償金額であり、任意保険基準を大きく上回ります。これがある程度のお金をかけてでも法律事務所の弁護士を示談交渉に介入される大きなメリットであるといえるのです。やり直しのきかない示談交渉で満足のいく補償金を受け取りたい方には、弁護士の協力は不可欠といっていいでしょう。